CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
DEATH NOTE (7)
DEATH NOTE (7) (JUGEMレビュー »)
大場 つぐみ,小畑 健
7月発売の最新刊。
【このノートに名前を書かれた人間は死ぬ。死神リュークが人間界に落とした「DEATH NOTE」。ここから、2人の選ばれし者「ライト」と「L」の壮絶な戦いが始まる!!かつてないスリルとサスペンス!!】

<コメント>
とにかく面白い!
裏の裏まで読んだ駆け引きと、巧妙な心理合戦。
「ライト」VS「L」最終決戦ついに決着!
MOBILE
qrcode
<< クリスマスイブ | main | 仕事納め >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
メリクリ
『クリスマス』
それは、子供による、子供のための年中行事(笑)

風邪だった娘ちゃんも、症状は残るもののだいぶ回復してきて。
なので、実は内緒で前日の夜、実家の親と一緒にクリスマスプレゼントを買ってきて。

今年は、そろそろ4歳だしって事で自転車を買うことを前々から決めてて。
だから今回は娘ちゃんの希望は一切聞かずに(笑)
けど自転車には前から興味持ってたから、きっと喜ぶぞと、ちょっとバカ親(笑)

そしてパパサンタによる手紙で
「おじいちゃんちにプレゼントを預けてあるので、取りに行って下さい」
お膳立てはバッチリグッド

朝その手紙を見た娘ちゃんは、とうぜん心躍らせて大喜び。
ふむふむ。お膳立てした甲斐があったよと思ううちら。
早々に朝食を済ませ、実家に行って。

「みぃちゃん、玄関の所に何か見えるよ」とじぃじとばぁば。
張り切って玄関を開けた娘ちゃん。

「・・・」

え?なんで固まってるんですか?
しかも、微妙に嬉しそうじゃないその表情は何ですか?(^^;
何故か言葉少なげな娘ちゃん。

多分、親のカンだけど、
自分が想像してたプレゼントと違ってたから、
期待しすぎてちょっとガッカリ的な反応じゃないかな・・・と(^^;
これはこれで嬉しいんだけど、何か違うみたいな(笑)

なんか分からなくはないんだけど、もっと喜ぶかなぁって思ってただけに
周りの大人達も、戸惑い気味で一生懸命フォローして汗
何ともぎこちない雰囲気で(苦笑)

子供って気難しいですね。

クリスマスって子供のためであり、大人のエゴのためでもあるような、
そんな今年の我が家のクリスマスなのでした。
| 娘ちゃんの日常 | 16:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 16:03 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://furyoudiary.jugem.cc/trackback/104
トラックバック