CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
DEATH NOTE (7)
DEATH NOTE (7) (JUGEMレビュー »)
大場 つぐみ,小畑 健
7月発売の最新刊。
【このノートに名前を書かれた人間は死ぬ。死神リュークが人間界に落とした「DEATH NOTE」。ここから、2人の選ばれし者「ライト」と「L」の壮絶な戦いが始まる!!かつてないスリルとサスペンス!!】

<コメント>
とにかく面白い!
裏の裏まで読んだ駆け引きと、巧妙な心理合戦。
「ライト」VS「L」最終決戦ついに決着!
MOBILE
qrcode
<< ひなまつり発表会 | main | 物忘れ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
あれから
娘ちゃんの発表会のビデオをダビングするのをいいことに、
何回も見てる、バカ親です(笑)

発表会で娘ちゃん達がやった劇『きつねのおきゃくさま』。
なんかずっと気になったので、ネットで検索してみました。
そしたら、実は超いいお話だって事が発覚!!
しかも内容を知れば知るほど、涙なしでは見れない話ぢゃないですか悲しい


著者:あまんきみこ/二俣英五郎
出版社:サンリード

【あらすじ】
・太らせてから食べようとしてきつねは、ひよことウサギとアヒルを
自分の家に住まわせます。
でも「神様みたいに優しいきつねおにいちゃん!」と言われてうれしくなったきつねは、
とても大切に3匹の世話をするようになっていきます。
そして楽しく暮らし始めたとき、山からおおかみが降りてきて‥。

おすすめ絵本ランキングより引用)

それらを踏まえて、改めて劇のビデオを見てみたら(←結局また見たのかよ^^;)
音楽や歌付きなので、さらに感情移入出来ちゃってとても切なくなりました。

結果を言っちゃうと、ひよこやアヒルやウサギを守る為に勇敢におおかみと戦ったきつね。
最後に照れくさそうに「ごめんね・・・」って言って死にます。
もう、そこの場面が知れば知るほど泣けてきてたまらんのですヨ(号泣)

まだ自分も原作を読んでないので分かりませんが、
劇では最後、「きつねさんはどうして“ごめんね”って言ったんだろう?
みんなも考えてみて下さいね」って言ってて。

タイトルからは考えられない結末だけど、
きつねの気持ちの移り変わりとか、ひよこさんとかが素直にきつねに慕う所とか、
色々考えさせられたり、心動かされたりと、
一度は手にして欲しい絵本のひとつだと思います。

今、管理人は先生にお願いして、このお話(紙芝居があるらしい)を貸してくれって頼んでるトコで。
もしこれで、このお話に興味を持ったらぜひ読んでみて下さい(^^)
| こんなんあるって | 16:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 16:29 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://furyoudiary.jugem.cc/trackback/134
トラックバック