CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
DEATH NOTE (7)
DEATH NOTE (7) (JUGEMレビュー »)
大場 つぐみ,小畑 健
7月発売の最新刊。
【このノートに名前を書かれた人間は死ぬ。死神リュークが人間界に落とした「DEATH NOTE」。ここから、2人の選ばれし者「ライト」と「L」の壮絶な戦いが始まる!!かつてないスリルとサスペンス!!】

<コメント>
とにかく面白い!
裏の裏まで読んだ駆け引きと、巧妙な心理合戦。
「ライト」VS「L」最終決戦ついに決着!
MOBILE
qrcode
<< 懐かしのブツ | main | こんにちは。管理人です(笑) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
懐かしのブツ その2
つーわけで、ファミコンの発掘と同時に、実家からもう一つのブツが出てきて。

大きな箱に入った、無数の手紙の数々。
中1の頃の約1年間、友達とやりとりしてた手紙たちなのだメール
その後は交換日記へ移行してったわけなんだけど、
よくまぁ、これだけの手紙のやり取りをしたし、それを取っておいたな<自分

これがまた、頭悪そうな内容だし、
どうしてこうまでも短絡的な考え方してたんだろうなぁ〜って
読んでてホント、普通に恥ずかしかったし(>、<)

「今日廊下で○○君に会っちゃった〜」とか、
「部活の時に○○君とすれ違ってね」とか、

ホント、だからナンボのモンじゃい!!って感じです(笑)

でも自分が持ってるのって、相手からもらった分じゃん?
自分はその頃どんな事書いてたんだろうって思うけどね(^^;

時々こうやって昔を振り返るのも、悪くはないかなと。
けどそういう時は、大抵現在に疲れてる時ですけどね汗

そんな手紙交換をしてた友達とは、今でもつき合いがあります。
比較的近くに住んでるし、しょっちゅうは会えないけど
こんな過去があって、お互いの今があるわけで・・・。

実家に帰った際は、自分探しをしてみてはいかがでしょうか?(違)
| 思ひ出 | 09:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 09:57 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://furyoudiary.jugem.cc/trackback/64
トラックバック